太陽光発電とは

地球上にふりそそぐ1時間の太陽エネルギーは世界の人類が使うエネルギーの約1年分。膨大でクリーンな太陽エネルギーは大きな可能性を秘めたエネルギーといえます。

太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。つくった電気は実際にご家庭で使用し、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができます。環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。
 


 

どのくらい発電できる?
南向き30度の場合、太陽光発電システムの定格出力1kWあたり、年間約1100kWhの電力を発電します。

 

設置に適した方角
最も日射量の多い南面に設置することが理想ですが、東西面は南面の約80~85%の日射量を得ることができます。

 

売電買電の仕組み
余った電気は売り、不足したときは買うシステムです。
電力会社への売電電力は、発電電力量からお使いになった電力量を差し引いた電力量になります。

   電力会社への売電電力量 = 発電電力量 - お使いになった電力量量

 

◆太陽電池の発電量が家庭内電気機器の消費電力より多い場合
 =余った電気は電力会社に売ることが出来ます。

◆太陽電池の発電量が家庭内電気機器の消費電力より少ない場合
 =太陽電池の発電量だけで、家庭内電気機器の消費電力をまかないきれない場合、
  不足分を電力会社の電力でまかないます。

◆太陽電池の発電量と家庭内電気機器の消費電力が同じ場合
 =太陽電池の発電量がゼロに近い場合、家庭内電気機器の消費電力は電力会社の電力でまかないます。

 

細かい操作は不要
システムの運転はすべて自動で行われるため、細かい操作は不要です。しかも可動部分のない静止形発電のため、保守が簡単です。
お問い合わせ

ロゴ

Copyright c Eco Smile 2013.All Rights Reserved.