せみ・ソーラーライト

せみ・ソーラーライト:めざしたのは停電でも消えない灯り
せみ・ソーラーライトとは
「せみ・ソーラーライト」とは、まったく新しいジャンルのソーラー照明(街灯・防犯灯)で、後付けタイプ「ソーラー蓄電式LEDエリアライト」です。
夕方、暗くなりだすと自動で点灯を始め、朝、明るくなると自動消灯、または夜中の12時前後に自動消灯します。毎日、蓄電⇒(昼)⇒点灯(夕方)⇒消灯(深夜・朝)を自動運転で繰り返します。
電気の引き込みが不要で大変便利です。

せみ・ソーラーライトとは
せみ・ソーラーライトの特徴
既設のポールの簡単取付!電源のない建設現場の照明にも!

  • 後付けタイプだから、簡単取り付け、低費用!
  • うれしい電気代無料!電気の引き込み、契約無料!
  • 蓄電しているから、停電でも消えない灯り!
  • LED照明だから明るく、虫も寄りにくい10年の長寿命(6万時間)
  • メンテナンスは3年に一度のバッテリー交換のみ(50%放電1000サイクル2台6万円)
  • 雨天曇天が3~4日続いても点灯、たとえ消えても、翌日晴れれば再点灯。
  • 夜間時において、避難誘導灯としても最適
  • 機器を全て上部へ配置したため、機器の水害、盗難、破損などを軽減
せみ・ソーラーライトのメリット
停電でも消えない灯り停電でも消えない灯り

せみ・ソーラーライトは太陽電池を利用してバッテリーに蓄電した電気を使うため、商用電気が不要です。つまり停電しても消えない灯りです。

電気の引き込み不要・いろんなところに簡単取付!

電気の引き込み不要・いろんなところに簡単取付90φの引き込み柱から400φの電柱まで多種多彩なポールに取り付け可能です。
既設のポールがあれば、改めて柱を建てることがないので、建柱費や建柱場所が不要です。

広角で均等な明るい灯り

③	広角で均等な明るい灯り!駐車場24台分のスペースをせみ・ソーラーライト1台でカバーできます。工場周辺や街路、駐車場の街灯や防犯灯として、地域の安全・防犯に貢献します。

津波・増水・高潮に強い

津波・増水・高潮に強い機器をすべて上部に配置するため、機器の水害、破損などを軽減します。2~3m水に浸かっても電気は消えません。

電気代0円!CO2排出0!温暖化対策に

電気代0円!CO2排出0!温暖化対策に電源に太陽電池を利用しているので、一度設置すれば電気代は0円!従来の水銀灯に比べ、消費電力は全くかからないうえ、二酸化炭素の排出量も大幅に削減できるため、温暖化対策として効果があります。

同類品との比較
まったく新しいジャンルのソーラー照明

ジャンル
機器費+設置費
維持費
特長
従来品

公共施設等に使用されているもの

約50万円~150万円
+建柱設置費
+電気の引込工事費
バッテリー交換費20~50万
+電気代
高性能だが、防犯灯、街路灯としては非常に高価。維持費も高額。

せみソーラーライト

機器費と設置費
合わせても20万円台
バッテリー交換費3~6万円台から
※電気代なし!
既設ポールにスパナ一つで一般人でも簡単取付。長寿命。100W水銀灯並みの明るさ。
小型ソーラーライト

ホームセンター等で購入可

数千円~2~3万円台 LED防犯灯の買替価格は2~3万円+電気代 園芸用や一般家庭の防犯用。
耐久性に乏しい。
使用目的と用途
停電しても消えない、非常用の防犯灯・街灯として。
電源引込工事が困難な場所に。電源のない現場照明に。
仮設の現場事務所、建築現場の防犯用として。
明るさ不足の追加照明に。水銀灯の代替照明に。
行政、自治会など地域の節電対策に。
看板照明として。
※追加工事が必要
国内外の被災地への救援物資として。
地球温暖化対策として。環境イメージアップのツールに!
せみ・ソーラーライト外観図
せみ・ソーラーライト外観図
価格表
SEMI-LED8P-H(標準タイプ せみ・ソーラーライト)

太陽電池:単結晶100W LED照明:水銀灯150W相当の明るさ 蓄電池:24Ahx2台 消灯:時間指定

本体+ポール+工事費 \410,400(税抜 \380,000)
本体+工事費 \345,600(税抜 \320,000)
お問い合わせ

ロゴ

Copyright c Eco Smile 2013.All Rights Reserved.