よくあるご質問

太陽光発電ってなーに?
太陽光を電気に変えるシステムです。
ご家庭の屋根スペースに太陽光発電システムを取り付け、太陽光を直接電気に変えます。無限大に降り注ぐ太陽光だから枯渇の心配がなく、騒音もなく二酸化炭素を排出しないため、これからの地球を担う新エネルギーの中で最も注目されています。

⇒太陽光発電とは

余剰電力の売電・買電ってなーに?
晴天時の正午前後が発電のピークとなり、家庭で使う電気を賄ってもまだ電気が余る状態となります。
この余った電力を電力会社へ売ること「売電」といいます。一方、発電量が少ないのに電力消費が比較的多くなる朝や夜、また雨天時の昼間などは不足分を従来どおり電力会社から供給されることになります。これが「買電」です。なお、売電/買電に関しては、電力会社との契約が必要です。

⇒今さら聞けない太陽光発電のメリット

余った電力はどうしたらいいの?
昼間に使い切れなかった電力は、電力会社が買い取ります。
余った昼間の電力は、電力会社に売ることが出来ます。また、売った分の電気代を夜間の使用電気代に充てることができます。夜間の電気使用量が少なければ、家計にプラスとなり、経済的にもうれしい効果が期待できます。

⇒今さら聞けない太陽光発電のメリット

一軒あたりどの程度の太陽電池容量が必要なの?
個々の家庭における電力消費量は、その地域も含めた生活形態等により大きく異なりますので、標準的な例として説明します。一般家庭の平均年間消費電力量は 5,500kWh((財)省エネルギーセンターHPデータ 総合エネルギー統計平成15年度版(平成12年国勢調査ベース))という統計値も有り、この場合には5kW程度の太陽電池を設置することが理想です。
システム導入金額の目安は?
5kW設置(一般家庭の設置容量の平均)、屋根材がスレート(カラーベスト)の場合、200万円程度です。太陽光発電システムはオーダーメイドのため、都度ご相談下さい。
また、地方自治体によっては補助金があります。

⇒地方自治体補助金情報

設置するときに理想的な方位や角度はあるの?
発電を最大限に活用する為には、日射量の最も多い南側に設置することをお勧めします。 東側・西側に設置した場合でも、発電量は南側に設置した場合のおよそ80~85%となりますが十分発電に適した方位となります。また、屋根に設置する角度は、太陽が真南にあるときの太陽高度に対し太陽電池のガラス面が垂直になるような角度で設置した場合が一日の発電に電力量としては最大となります。南向き30度が最適です。
どんな形の屋根にも取り付けられるの?
切妻屋根・寄棟屋根・陸屋根などの屋根形状に設置可能です。
新築・既築を問わず、屋根の形状に合わせて取り付け工事を行うことができます。

⇒施工例

システムの耐久性・寿命は?
太陽電池の寿命としては20年程度と言われています。
太陽電池モジュールを構成する太陽電池セル・アルミ枠・ガラスなどは経年変化の少ない材料であり、長期使用が可能です。なお、その他の機器は設計寿命が10年程度の部品を使用しております。
※1983年に設置されている奈良県壷坂寺のシャープ製太陽電池は、30年以上安定稼働しています。
申込みから設置期間の目安は?
お客様が設置を検討されている建物の状況によって異なります。
通常は、ご相談から竣工、お引渡しまで、約2ヶ月です。
但し、状況によってお引渡しの日程が異なりますので、詳細はお尋ねください。

システム導入後、毎日操作する必要はあるの?
必要ありません。太陽光発電システムは、日の出とともに自動的に運転を開始し、日の入りとともに自動的に停止しますので細かい操作はありません。
設置した後のメンテナンスは?
基本的には不要ですが、雨で落ちない汚れなどがある場合は取り除く必要がありますので、弊社へご相談ください。

⇒保証とアフターサービス

台風でパネルが飛んだ場合どうなるの?
太陽光発電システムは火災保険の対象となります。
国が屋根材として認定していますので、お客様が現在ご加入されている火災保険の対象となります。
お問い合わせ

ロゴ

Copyright c Eco Smile 2013.All Rights Reserved.