太陽光発電のデメリット

太陽光を設置するためには、約200~300万の初期設置費用が必要です。
ただし! 一括で支払う必要はありません。15年のローンも組むことができますし、様々な助成金も活用することができるので、一括の大きな出費は抑えることができます。

太陽光発電の機械は、耐久性に優れており、非常に長持ちします。また、石などが当たっても、強化ガラスなどで作られているため、壊れることは稀です。メーカー保証があるため、例え壊れた場合でも無償で取り替えることができます。一方、太陽光発電に必要なパワーコンディショナは内部にコンデンサがたくさん入っており、およそ10~15年で故障する可能性があります。
ただし! パワーコンディショナの価格は毎年下がっており、10年間(延長で15年間)はメーカーの保証もついています。

初期の設備投資費用を回収するためには、およそ10年の歳月が必要ですので、一般的に考えて、設備投資に対する回収が長く感じます。
ただし! 初期費用はローンで返済することができるので、金銭的な負担もかかりません。また、メーカーの保証も10年あり、さらにその後も火災保険の対象になるので、「回収できなかった」などのトラブルも回避できます。

曇りや雨の日は、発電効率が劣ります。 ただし! 全く発電しないわけではないので、ある程度の電力を得ることができます。また、悪天候の条件を考慮したとしても、1年間の電気代は、太陽光発電を設置したほうが安くなります。
お問い合わせ

ロゴ

Copyright c Eco Smile 2013.All Rights Reserved.