工事の手順

太陽光発電システムは屋根に穴を空けて設置するため、間違った方法で設置すると雨漏りの原因になります。弊社は各メーカーのIDを取得した技術者がメーカーの基準通りに施工しているため、ご安心下さい。

スレート(カラーベスト) パナソニックの場合
1.墨出し
金具を付ける位置を決めます
2.金具固定
架台を取り付ける金具を固定します。
3.架台を固定
固定金具に架台(縦桟(たてさん))を固定します。

※パナソニックは横桟(よこさん)を使いません。

4.太陽電池を設置
ケーブルを繋ぎ、パネルを固定します。          屋根の工事完了。
5.接続箱を設置

※太陽電池からの電気を一つにまとめる為のものです。

6.パワーコンディショナを設置

※パナソニックは屋内に設置します。(屋外用もあります)
※パワーコンディショナは直流を家の中で使用できる交流に変える変換器です。

7.電力検出ユニットと太陽光発電専用ブレーカを設置

※電力検出ユニットは発電量・消費電力を発電モニタに送る機器です。
※太陽光発電を設置すると専用のブレーカを新しく設置します。

8.電力メーター(売電メーター)の設置

※九州電力との電力受給契約締結後、系統連係(余った電気を売る)開始となります。

瓦(支持瓦工法) シャープの場合
1.墨出し
支持瓦を置く位置に印を付けます。
2.瓦を剥がす
補強板を固定する箇所の瓦を剥がします。
3.補強板固定
屋根下地を補強する為に補強板を固定します。

4.支持瓦を被せ固定
補強板の上に支持瓦を被せ固定します。
5.架台を固定
支持瓦に縦桟(たてさん)を固定しその上に横桟(よこさん)を固定します。

6.パワーコンディショナを設置
ケーブルを繋ぎ、太陽電池を固定します。            屋根の工事完了。

7.パワーコンディショナを設置

※シャープは屋外に設置します。
※パワーコンディショナは直流を家の中で使用できる交流に変える変換器です。
※昇圧装置や接続箱の機能を内蔵しているのでこれらの追加設備は不要です。

8.電力センサと太陽光発電専用ブレーカを設置

※電力センサは、売電量、電力消費量をモニタに送る機器です。
※太陽光発電を設置すると専用のブレーカを新しく設置します。

9.電力メーター(売電メーター)の設置

※九州電力との電力受給契約締結後、系統連系(余った電気を売る)開始となります。

お問い合わせ

ロゴ

Copyright c Eco Smile 2013.All Rights Reserved.